思い出の千秋公園

東京方面から同じビューホテルに泊まった3人で
朝食を一緒に食べようと約束し、おしゃべりをしながらゆっくりと
過ごし、それぞれ次の再会を約束して別れました。

3時までの新幹線にはたっぷり時間があり、どうしても「千秋公園」に
行きたいと思い、早めにチェックアウトして外に出ました。
昨日よりは良かったけど、やっぱり風が冷たい。でも、行くぞー

画像


画像

       千秋公園入口

千秋公園は、春は桜まつり、つつじ、夏は竿灯祭りの後、お堀で花火、
秋は紅葉、そして、子どもの頃はスキー遊びをした思い出の公園。

秋田は城下町なのです。今は町名が変わりましたが、昔は、米町、魚町、寺町
馬喰町、鷹匠町、鍛治町、大工町、鉄砲町などの町名が付いていました。
千秋公園は、佐竹藩、久保田城の城址公園なのです。

画像


画像


画像


画像


画像


公園への坂道を登る途中に、県民会館、そしてその横は図書館でした。
今は違う建物になっています。
図書館にもよく通いました。と言っても本を見るのではなく、試験勉強を
する為でした。

画像


ずっと坂を上り、胡月池まで行ってみました。

画像


さらに上に登り、そこから写真を撮る。

画像


久保田城表門

画像


そして、彌髙(いやたか)神社へ

画像


2,3願い事や、報告したいことがあり、手を合わせて参拝。
この日は日がいいのか、結婚式にも出会えました。縁起がいいなあ・・・

画像


画像


今年は秋田もまだ雪らしい雪は降らず、この時期にしては珍しい
青空。しかもまだドウダンツツジの紅葉が見られた。

画像


そして、ずっと降りてきて、右手に蓮の花でいっぱいになるお堀を
見ながら、千秋公園をあとにした。

画像


あまりの寒さに手がかじかんで、道路を横切り、県立美術館でひと休み。

画像


向かい側の千秋公園入口を見ながらゆっくりコーヒーをすすった。
寒かったけど、行ってよかった。今度は桜の時期に来たいな。

画像


いよいよ帰りの新幹線の時間が来た。ゆっくりと秋田駅に向かった。
そして、エスカレーターを上り、改札までの通路を通り、改札へ。

画像


画像


画像


画像


ホームでは「こまち26号」が待っていた。
さよなら秋田、又来るね。故郷に心を残し、新幹線に乗り込んだ

画像


ふるさとは遠きにありて思うもの、そして、悲しくうたふもの・・・
室生犀星の詩が心に沁みてくる。
こんな心境は、故郷を離れた者でなければわからないと思う。

決して今現在不幸なわけではないけど、いつも秋田をあとにするとき
胸が締め付けられる思いになる。いつもげらげら笑っているカエルちんにも
こんな一面があるんですよ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック