寒い朝

「北風吹き抜く~寒い朝も~心ひとつで暖かく~な~る~
ほんとかな?
その昔、カエルちんが若かりし頃、吉永小百合さんが 
歌っていましたね。
小百合さんは歳を重ねても美しいけど、我々一般人は
年相応に、もしかしたらそれ以上にそれなりなのです
そして、心ひとつだけでは暖かくなりませんよ

雪が降り、大寒が過ぎ、ここのところ厳しい寒さが続きますが、
雪国育ちの私は、頬にピリッとする、この凛とした寒さが
ちょっと好きなのです。
同じ寒さでも、雪国の寒さとは違います。むしろこの辺りの寒さの
方がヒリヒリするような気がします。湿度が低いからでしょうか。

さて、1月もあと一週間余り、玄関に飾った南天もお終いかな。
少なくても1月中の難は転じてくれたかな?

画像


天気予報を見ると、来週の前半から又暖かくなりそう。
雪をかぶったプランターのビオラも、花かんざしも春の暖かな
日差しを待っているようです。

画像


画像


「冬来たりなば 春遠からじ」 でしょうか。

何か困難に立ち向かったとき、この言葉を思い出します。
だから、この言葉が好きです。でも、私の人生、何だかしょっちゅう
思い出されるのがちょっと哀しいかな



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック