アラミスト

3月に入り、梅の花が見頃を迎える頃になると・・・

  
画像



カエルちんはかれこれ40年の超ベテラン花粉症患者なのです。
最初の頃は、くしゃみ、鼻水、目のかゆみは勿論の事、
微熱もあり、てっきり風邪を引いたのかと思っていました。
何せその頃は「花粉症」と言う言葉はなかったのですから。

鼻水、くしゃみのうちはまだよかったのです。段々重症化すると
鼻づまりが始まり、苦しくて夜も眠れない日々が続いたのです。
大学病院で、最先端の鼻のレーザー手術を受けました。
それでも改善せず、青梅の診療所まで行って、何やら怪しい
注射をしたり、減感作療法、あげくの果てはスギの葉っぱをかじったり
藁にもすがりたい一心で、気功に頼ったこともあります。

あれから40年、最近はめっきり症状が改善されました。
歳を取るといい事何もないけど、花粉症は改善されました。

そして、何年か前から劇的に改善されたのはこの点鼻薬
「アラミスト」です。花粉症の症状が出る前2月の
初め位から、一日一回点鼻するだけなのです。

画像

 アラミストさまさまです

「アラミスト」さまと、目薬と、アレルギー剤を飲んで、この季節
何とか乗り切りたいと願っています。






この記事へのコメント

気まま
2017年03月10日 17:34
わたしも点鼻薬アラミストと目薬パタノールと
飲薬アレグラの三点セットでこの時期乗り切りま~す
カエルちん
2017年03月11日 20:55
気ままさんと一緒で嬉しい

この記事へのトラックバック