ハダハダのブリッコ

この寒い12月の秋田に行ってきました。
友だちのギャラリーで行われる「台湾茶道茶会」に
参加する為です。
午後2時秋田に着いたら、みぞれのような冷たい雨が
降っていました、しかも横なぐりに。頬が痛い。
「うわー!さび(寒い)!」思わず秋田弁が出て
きました。寒いというより痛いと言った方がいい

夜はリフォームしたばかりの友達の家で、秋田料理の
「夕食会」大人が8名、赤ちゃん、幼児の大人数。
食卓には秋田の郷土料理がいっぱい並んだ。
その中でも、まず「ハダハダ」の塩焼き。
「ブリッコ」だー!

IMG_0303.JPG

秋田弁翻訳家の「カエルちん」によると
「ハダハダ」とは、魚の鰰(ハタハタ)「ブリッコ」とは、魚の卵。
つまり、「鰰の卵」なのです。又ハタハタは鱩とも書きます。
何故かと言うと、海が大荒れで雷が鳴るととれるからです。

身は白身で淡泊、そして、問題のブリッコは、よく言えばトロトロ、
秋田ではベロベロと言います。家の同居人は絶対に食べられません。
久しぶりに食べた「ハダハダのブリッコ」は、
「あえー!んめがったあー!」今でも感動すると思わず
「あえー!」が出てきます。
他にも「鰰の飯鮨(いいずし)」

IMG_0307.JPG

ダダミ(タラの白子)新鮮なダダミをサッと湯通しして、氷水にさらし、
わさび醤油やポン酢で食べる。トロッとしてクリーミー、
もうたまらん!

IMG_0304.JPG

そして、「いぶりガッコ」。「ニンジンのいぶりガッコ」、お土産人気ナンバーワンの
「なすの花ずし」。この一皿でごちそうです。

IMG_0305.JPG

肝心のメインメニュー「きりたんぽ鍋」の写真を撮るのをすっかり
忘れてしまいました。友だちの手料理は、美味しくて美味しくて、
つい食べ過ぎ、翌朝、朝ごはんが食べれらなかったのです












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ちろへい
2019年12月31日 22:42
ウマそー。