んだ。んだ。秋田。その3

2日目の夜も、仕事が終わった友だちが迎えに来てくれた。
今日の夕飯は、きりたんぽ。
隠れ家のような和食割烹店に行った。

いただきまーす。

     お通し・・・食べてしまって映像なし・・・とほほ。

画像


画像

     イブリガッコの入ったポテトサラダにはびっくり!

画像

    待ってましたー!待望の「きりたんぽ」鍋。

画像



画像



秋田の伝統工芸「川連塗り(かわづらぬり)」の器でいただく料理は
秋田の野菜、果物ばかり。
美味しい料理に舌鼓をうち、友と語り合った夜でした。

最終日の朝は、しとしと雨が降っていた。まず温泉で朝ぶろにゆっくりつかり、
遅い朝食をいただき、チェックアウト後は、すぐそばの「千秋美術館」で、
秋田県出身の明治時代の日本画家「寺崎廣業(こうぎょう)展」を見て、
あまりの素晴らしさに感動!こんなすごい画家がいたなんて知らなかった。
体が硬直するくらい感動して、1時間半くらい美術館にくぎ付けになった。

外に出たら天気が回復して青空になっていた。
ボーっとして駅に向かい、オシャレな喫茶店でひと休み。

画像


その後、市民市場で、たらこ、すじこ、ばたこ(塩鮭)、ぎばさ(海草)など買い
宅急便で送ってもらった。

のんびり一人旅もそろそろ終わり。友とも会えたし、故郷に癒された
三日間だった。自分なりに自分の心と向き合えたし、気持ちの整理も
少しついた気がする。やっぱり故郷に来て良かった。
ありがとう、秋田。んだ。んだ。秋田。又来るね。しばらくの間、さようなら。


東京に戻り、人の多さにびっくりしながら無事帰宅しました。

  この後、ちょっと早いけど、カエルちんは冬眠することになりました。
   しばらくブログはお休みです
       おやすみなさい・・・・・・




"んだ。んだ。秋田。その3" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント